★------お知らせ------★
明心塾 2022年4月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

奇蹟の「人」

あなたに 出逢えたこと それは 幾多の `必然´が 重なり合い 織り成される `奇蹟´ あなたや わたし それぞれの 自由意思に 基づいた `運命´の 緣し 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

潜在意識

瞑想

現代の知の巨人とも言われる 世界的歴史学者・哲学者の ユヴァル・ノア・ハラリ氏 ヴィパッサナー瞑想を経験してから20年来、 毎日2時間瞑想し 毎年1ヶ月瞑想修行に行くらしい。 瞑想の実践による 集中力と明晰さがなければ 世界的に受け入れられた著作も 書けなかったという。 多くの人...

潜在意識

価値観

“ 財 ” とは ーー何ンぞ? 共に有する`資源´であって 物質文明の 発展した時代より “貨幣経済ありき” に、私たち人は 時に 物、時に 人 ーーその時々の代(世)に それらの "価値"を 見出だしては それらの "真価"を 測りきた ...

共有財産

時代の流れと共に。。  "財" は 金品や不動産諸々を主じに "形" 為したる 現し世 哉 貨幣経済が起こりーー 今後 なおも続いてゆくけれど 肉体を得た人類の、発祥の歴史を鑑みれば ここ数千年来のこと。加えて 縄文の時より 生きてきた人々...

愛の翼

鳥は 翼を授かり たおやかに 雨の中を ものともせず 風に舞い 翔んでゆく 人は 愛を授かり ふくよかに 嵐の中を ものともせず 風を纒ひて 歩み進む 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

潜在意識

とけた意固地

絶体絶命で 心から困る状況にならなければ 全てを天に委ねられない。 全てを他者に委ねられない。 自分の能力なら 頑張ればあらゆる困難を解決できる そう錯覚している事に気づいた。 その想いを裏返すと ・能力がなく無力な自分を認めたくない ・自分を馬鹿にしている 自分で自分を傷付けて...

潜在意識

SMILE

桑田佳祐さんの歌 SMILE〜晴れ渡る空のように〜 長きこの地球の歴史の一幕に 立ち会う事を奇跡と呼ぶのだろう 永遠(とわ)に星は流れ 瞬くその間に 人類(ひと)が織りなす 夢と希望の舞台 〜略〜 素晴らしき哉Your Smile 聞いていると心が洗われるようだ 歌の力ってすごい...

天の愛

情へ 靡いては 真 が揺らぎ 情へ 絆されては 真 が尽くせぬ 愛 ゆえに 情に厚い とも限らず 情に薄くとも 愛 は尽くせる 真の愛は 過保護はなく 甘やかし過ぎぬ 辛さを 強いもせず 苦しみを 与えるものではなく あくまでも 自らも含め「人」 の幸福へ 望み 尽くしたるもの ...

死を見つめる

生きる意味を見失った 余命宣告を受けたガン患者が 振り返る 将来の為に今を生きていた だから将来を失った今の 生き方が分からない 死を見つめることは どう生きるかを見つめること だと気づいたという いつまでも生きていられるのは あたりまえではない ごめんなさい ありがとうございま...

人たる務め

与る "お務め" は 「私」という肉体を授かる者の 幸福のため 「人(類)」の幸福化のため 「私」の心が自ずと 幸福感に満つるためにありて 「私」という"魂" の根幹であり 肉体を以て 「私」を生かすものなり。 すべからくの`務め´なれば ...

欲張り

「こうなったら·· (好いのに)」 「こうであったなら·· (云々する·したい)」 その`欲´は 飽くことなく 分を越えた野心 底知れず 貪欲なまでに 己が “あるべき” 理想を 追い求めん 過去、その時々に 向上心の糧となりぬれど 欲に塗れては 限(キ)リも無く どこへ行こうと...

幸福の選択

「出来る」ということ の 追及よりも 真に 「やりたい」と 思うことを 追求すること それは 「私」自身のために それが 幸福の追究 ゆえに 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

潜在意識

デビュー50周年

66歳になった郷ひろみのインタビューを読んだ。 心のしなやかさが感じられる良い記事だったが 考えすぎ、悩み過ぎて行動にできないことが多い自分には 「人生を切り拓くためには、失敗をおそれずに突き進むことも重要。 岐路に立たされたときに考えるのは右に行くか左に行くかだけで、踏み出さな...

墨子

2500年前に 戦争というのは 天の意思に背くものだと 非戦を説いた 墨子という人がいたらしい 人を愛せば人に愛され 人を憎めば人に憎まれる あまねくすべての人を愛さねばならず この精神を徹底しなければ 何人をも真に愛することはできない 最近は軍事力の応酬のようだが 愛の応酬にな...

自由なれば

天は 自由を与えし 人は 自由を備え 権利を預かり 責務を為さん 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

身ひとつ

ただ 黙々、淡々 ただ 一途に 事を成さんと 身を殺ぐも この身は ただ ひとつ 生き急ぐ その様(サマ) へ 親は 憂うも その 心知らずに 子は 背き 憑かれ、疲れて ひた走らんと 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

キンモクセイ

駅を背に ーー 路地へ入るや 否や 立ち並ぶ 家々諸とも 包み込むよう 。。 キンモクセイ かほる 夜気へ 紛れて 色艶 濃く漂い 仰ぎ見る 垣根より 降り注いでは 「季」を告げに 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

ご当地

明け方からーーお向かいの 犬が 盛んに哭いている 静まり返る路地裏はたちまち 騒がしくなった 「ワンキャン」と繰り返し、狂ったように 甲高い声を張り上げる よくまあ。。ああ飽きずに哭くものよ 大概のことで慣れもあるが..少々呆れてた そこへーーー ご近所さんが通り掛かり.. 殊更...

潜在意識

GDW

経営者の意識変革が 進んでいるらしい 「幸せな人材は資産」 という認識が広まるにつれて GDW(Gross Domestic Well-being) という指標が出てきた 経済第一から幸せの充実へ 幸せに注目が集まるのは いい傾向だ ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

潜在意識

因縁

4世前のーー出来心より 後世へ 引き継がれ来た “因縁” 今世において その 不幸なカルマの 解消が計らわれるたび 色眼鏡を 掛けて見てきた 物事や人の 真のーー優しさ 真の 思いやりへ触れる 気がつけば。。 幾千歳の 年輪を重ね 人生経験を重ねるうちに 一様の 眼鏡は外れ 心の...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (9)

どうも。。 その名残惜しむ"想い" は 「盗まれた」 との 裁く"想い"からの様子です。 まぁ。。(人情としては)理解出来なくもない。といったところでしょうか。 これまでは概ね。。 この種の話題には 非難から 蔑みや裁きの"想い&...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (8)

「いくら 壊れかけのビニール傘でも 盗まれたら頭にくるよねぇ?」当時を思い起こして いたずらに同調を求められーー 「それなら。。以前に 置き去りされた傘を無断で借りて 返し忘れてたから。。(お互い様ってとこかも)」ふいにわが身を省み、苦笑い。 そうのらりくらりと交わせば、他方より...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (7)

その後も 「他人の物(傘)を 持ってっちゃう輩がいるんだねぇ」などと言い合う周囲をよそに、 私は 荷物を抱えた手狭な傘の下にも 心は軽々としておりーーどことなく。。 子供の頃に帰ったようなーーワクワクする楽しささえ 感じていました。 不思議とーーー傘がなくなったことも、よりによっ...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (6)

「アレ? 傘、どこか行っちゃった··?みたい」 などと、呟いた傍から 「持ってかれちゃったの?」と母。加えて 「オンボロ傘、どのみち捨てる気だったでしょ」 瞬く間に`意識´は切り替わり 「そうね-♪ 手間が省けたかも(笑)」 軽やかな足取りで 母の傘下へ飛び込めば 土砂降りの雨に...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (5)

“想い” が 瞬時に変わる、その 実例を見てみましょう。 『 雨がそぼ降る中、車走らせて近場の温泉へ出掛けた時のことーーー  駐車場から玄関口まで やや距離があるために各々で傘をさし、玄関脇の傘立てへ。    風呂と夕食を戴いている間に 外は本降りの雨に。帰り際、玄関脇の傘立てに...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (4)

`意識´の 成長途上ゆえに  “思い込み「想い癖」” や 「とらわれ」 などが 影響して 想念の善化の妨げとなり、瞬時に “想い”が 変われないこともあります。 たとえば “固定観念” に 縛られていた場合、自ら その “想い(固定観念)” を否定する“想い”は 湧きにくいでしょ...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (3)

それなりの歳月をかけて、着実な `意識´の成長を図っていれば 悪いことをしないのは “当然のこと” との “想い(善い想念)”が 培われてゆきます。 行動は、瞬時に善化といかないまでも 行動のもとである“想い”は 瞬時に変わります。 もちろん、これは 善からぬ方へ転じる という意...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (2)

ヒトの`意識´の成長が 進みますと たとえば 目の前の物事や 人(生命)に対して、一時 悪想念が 頭に浮かんだとしても `意識´が 心地悪さを 感じて その悪想念を 否定する“想い”や 諭すような“想い”が 湧きますから 心地の悪い “想い(悪想念)”のまま 行動へ移すことはなく...

潜在意識

想いは変わる-意識の成長と想念向上 (1)

ヒト は 常に 何かを考え “思う”ところあって、行動しています。 「思わずこうした」という 反射的な行動 であっても、特に  “こうしたい” との、強い“想い”もなく 「何の気なしに」とった 行動であっても 本人の`基本想念´が その行動を 左右しています。 行動 については ...

そよ風、つむじ風、秋の初風 日本には風を表す言葉が 1500種類以上にも及ぶという。 風は目には見えないが、 ススキに風を見る人もいる。 夕薄(ススキ) 見る見る風に なりにけり       正岡子規 風が見えるな〜 ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚