旧正月

 正月が 明けた 昨日までは ぼーっと 重怠い身体を 引き摺るよう..だったのに 一変して 明るい 兆しに 目覚め 風の便りに 人の成長ぶりを聴く 嬉し 頼もし、ありがたし-♪ ひとしお 幸せな気持ち。。に じーんわり 満ちてゆく 目元も 伴に 潤ませつつも 敬愛と感謝をこめて ...

春を聴く

 風 追いかけて 世情の 春を聴く 路地を 吹き抜ける 子らの はしゃぎ声 一層 甲高く 斑らに突き抜ける 青い空 日 陽々たるも つかの間 雲に霞み 風向きを変え どんよりとした 不穏な心を顕わに しとしとと 雨鷽(ウソ) 見舞いて 曝し浄めん 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい...

潜在意識

幸福度

 「人」の 意識の成長には 多くの“段階”あり それは 幸福度の違い 自らの 心(意識)が抱える 大小様々な問題に 気づいている 場合 気づいていない 場合 で “段階”は異なり それに伴って、幸福度も違う 現時点で どの成長段階にあるのかは どのくらい 幸せに思うか、あるいは ...

春が立つ

 メジロ 盛んに囀り来て 枝先の 熟れたミカン頬張り 猫は縁側で 日向ぼっこ 寝所から這い出 空見上げれば 青々として まばゆく その清らかさ 真っ青なまでの その大愛 目に沁みて 春が立つ 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

巫女とさにわ

 み意(こころ)を受け その真意を人々へ伝える 巫(ふ)の役目 その み意(こころ)が 清く正しき「真」か見定め 清浄な運びへ導く 清庭(さにわ)の役目 神意を 知るに欠かせぬ 二つの役目は、二つで一つ 二人で一人前 「人」の真価を教え 素直さ や 真っ直ぐさ 己を信じること 人...

うれしきもの

 気づきは うれしきもの 気づけたなら 嬉しく 気づかぬうちは 憂い、患うも 気づいて 晴れる 気づきを重ねーーーある時 すとんと 腑に落ち、合点がゆく 其れが 意識の端々へ 心の隅々まで 染み渡れば 眼に映るもの 耳に入るもの…すべてに寛容寛大 森羅万象 愛おしきものとなりゆく...

不安

雨模様

 雨が降る 強く、心を打つように 激しく、誇りを叩(はた)くように 項垂(うなだ)れた 背中を撫で さすり 不信や 不安を 洗い流しながら 募る想い、頑ななその 痛ましき心を 優しくなだめ 解(ほぐ)すように 雨が 癒してゆく 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございま...

運命を開く

嵐起きて

 嵐が起こる 大地を揺るがし “当たり前”を 崩すように 大波がうねり “これまで”を 飲み込むように 天変地異に “常識”は覆され 心揺さぶられて 想い露わになる これまで 見ていなかったものが 見えるように 嵐は起きる 風が吹き、海が荒れ 雨が大地を叩いて “当たり前” の ...

自由 潜在意識

共有

 わたしには わたしの あなたには あなたの 「フツー」があって 「ジョーシキ」がある 同じと思っていても、実は 微妙に違っていたり、真逆なことも 全然違ってた!なんてこともアリ。 似たような考え方をしてたって コピー人間じゃあるまいし 「ピッタリ同じ」なんて ことはない 違って...

交流

距離

 「私」と「あなた」の 距離は 物理的に 近くても 精神的にはさほど 近くなくて 「理解している」つもりが 理解には 至らず 言葉は交わしても 心を通わせるわけじゃない たとえ、何m離れて 距離を 置こうと 天変地異が 起き 生死を 別とうとも その“つもり”でいる 「私」の意識...

運命を開く 自由

のるかそるか

 風が出てきた 追い風、向かい風 どちらにするかは 「私」しだい のるか、そるか お望みのままに 荒れも、凪ぎも 風だけに 自在 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

運命を開く

守護のもとに

 寒波襲来の朝ーーーいつもながら 用足しに離へ。廊下を踏み出したとたん 心ノ臓が 凍りついたーーー “死” ? 一瞬、息をのむよう。。だった。 習慣か..惰性で 肢体は休まず、動いてはいるものの 自発的に“生きている” 感覚は薄く 若干戸惑ったが、不安はなかった 生を諦めてしまっ...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚