★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

古い傷より

2020年12月20日日曜日

カルマ 因果律 過去世

冬季に入って時折

足指の付け根付近が ズキズキと痛んだ


外傷はない。強いて言えば・・

爪が薄紫色して、冷えてるくらい。


重たいものを落としたか・・あるいは

踏んずけた・・?


丁度、免許の講習会へ出席、そこで

教官の話を聴き、改めて思い出した。


小学生か中学生の頃

父の運転する車の脇に立っていて

低速でバックしてきた後輪に

足の指を轢かれたことを。


痛かった。数秒の出来事だったが

焦って、咄嗟に何事もなかったフリして

やり過ごした。


怒られると思った?かは微妙なところ。

バツが悪く、体裁を繕ったことは確かだ。

父を思いやって?それはない・・かな、

自分本位の考えによるもの。だった。


痛みを我慢した。手当てもろくにせず

放っておき・・いつの間にか 忘れた。


今生の思い出をキッカケに

過去世の出来事が、重なるように浮び上がる


4世前ーーー不用意に山で滑落し

肩~腕、脇腹、仙骨、脚等々を打撲

動けなくなって、絶命したこと


3世前ーーー4世前の性的な業(ごう)が元となり

足先や腰の冷えが酷く、苦労したこと


前前世ーー過去世の業が元で、

人を愛さないと心に決めて、心身ともに

冷え切った生き方であったこと


前世ーー人と争ってイヤというほど

足の指を挫いたこと


2000年の時を経て

過去へ 遡るように


古い傷は

過去の生き様を 顕わにし


あの時の、我慢を解して

癒えてゆく



敬愛と感謝をこめて


ごめんなさい

ありがとうございます

愛しています


人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚