因果律 運命を開く

投資

  現(肉体)界に在るうちは 身体は資本のうち ゆえに 自身への投資は 欠かせず 心身を健やかに 保つは自愛 自己の健全化を図るべく 手習、鑑賞、散歩、おしゃべり等々 金は 天下の回りもの 人から人へ 皆で 回してゆく共有物 ゆえに 買い物や寄付、募金 謝礼やお志し等々…も含め ...

渡り

  ピーョ、ピーーョ ピーピーピーピーピーーッ 誇らし気に  甲高い声を 張り上げて 鵯(ひよどり)が 鈍色の背に 木枯茶のキジ模様 地味な衣を纏いつも 「我、ここにあり」 と盛んに 啼き交わし ひときわ 賑やかい 朱い実、橙の実、茄子紺色した実、、 庭木の果実求め 今年もーーー...

長雨に想えば

  夜半に覚めーーー 意識傾ければ しとしとと そぼ降る雨 屋根に落ち 樋に垂れ ひと晩かけ、二晩かけ 幾日も 幾度も 経て 石を穿つ 過去に留まる 意識 凝り固まった 意思 頑なに張る その想いを 解かしては 洗い流すように 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございま...

仲秋の明月

  薄野越しに観る月は 辺り一面を 銀色に映やし しっとりとして 真に 趣深く… 家々の 屋根壁重なる 庇(ひさし)越しに見上げた月は はたとするほど 近しく映え 両の眼 のみならず 胸の内までも 見透すように 鮮やかなりて 真に 情け深く… 天を偲ばるる いづれもーーー 明らか...

心の対話

愛する気持ち

近くて 遠い 愛に至らぬ 想い 身近であるほど 互いのエゴは突出する ぶつかり合い、反発し 反感を買ったり、売ったりして ちっとも 素直じゃない 真っ直ぐ、直球にて 相手の想いを受け取れず 受け入れられなくて。 そんな時は 何とも ニガくて 切ない気持ち けれど… そんなこんなを...

因果律 運命を開く

実りの便り

  わが身、わが事を 一つひとつ 省みても ありがたきこと 幸せなこと どれほどあって、 当然のことながら… 他所さま、周囲一般も同様 みな、各々のペースにて 着実に ありがたい ように 幸せな ように 霊的進化と成長は進み 厳しくも 優しくも 天の 無縫の懐に抱かれて 尽きせぬ...

心の対話

秋雨前線

長雨に 洗われて 次第、しだいに 周辺地域も 明らかに ありありと、変化する様は 頼もしく 目に映りーーー 閉じ塞ぐようであった 人々の心は 緩やかに、 快方へ向かい 雲間に覗く 澄んだ空の如く 清らかに流れ 息詰まりの 潜めた想いは ため息に代わって 吐き出され 気張り抜け、肩...

浄化日誌

移転とともに 熱い夏が 駆けて行った パタパタと慌ただしく、心騒がしく 立ち回っている時には 気づかなかった 近隣の人々の気配、生活音や声が 平常平静になってーーー初めて まるで 細波のように 押し寄せる 犇めき合う街の一角にて 路地裏の日常は健在 ママ友、主婦等の井戸端会議 鬼...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚