★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

因果律 運命を開く 自由

頼もしき成長の糧

頼って 頼られて 持ちつ持たれつ あてにして 当てが外れて “当てにするから 外れるのよ”と教えられ 「それもそうだ」と頷きつつも 気がつくと 当てにして 当たるも八卦、当たらぬも八卦 選択の自由、その意思の下 信じるも 頼るも、あてにするも全て 自己の...

言葉

食事の前に

TVで永平寺の物語を見ていた。 修行僧は食事の前に 食材がどのようにして 目の前にやってきたかの 来処を思い自分の功徳が それにふさわしいのか と毎回唱えているとの事。 自分は、ちゃんと毎日の食事に 感謝できているだろうか。 ごめんなさい ありがとう...

トラウマ 過去世 心の対話 潜在意識

心の対話11ー 強迫観念

「死に場所を探している」  2011年3月11日、あの震災よりすべてが おかしくなってしまった  放射能汚染により、安心して食べられる物 飲める水がない。土地も汚染され、生きてい かれる場所もなくなって・・死ぬしかない。  住み慣れた土地を離れ、方々へ家移りする...

運命を開く 交流

人間

人と人の間に生きるのが「人」 妙に合点のゆく言葉である 自分がどの程度 成長しているか 成長してきたか、、どうかを含め 自己意識の成長段階を 客観視によって ある程度は察せられても それを叱咤激励しながら 確信的 自信へ繋がるように 教えてくださるのは 他...

トラウマ 悪想念 顕在意識 自己否定 潜在意識 想い癖 不安

可能性を開く

人生は帳尻があう。 ならば、大きなプラスがあれば 大きなマイナスがある、 ということになる。 その考えがあったので 中高生あたりから 大人しく、ふり幅小さく 大きな幸せがない代わりに 大きな不幸が無いように生きていきたい、 そう考えるようになっていた。 ...

カルマ トラウマ 過去世 不安

大人げのある

私たちは 成人すると、当たり前のように 大人な振りをしてはいるものの 一面では 大人げない 天より見れば、人類は至極若年 到底、大人げない若輩者 心や魂など 精神面の脆弱さが 大人げない一面を醸し出す 過去世のカルマやトラウマは その魂や心に翳りを落として...

春彼岸

彼岸の縁(ふち)に 立ちて 人の世を 想ふ 遥かに 望む 明くる世を 見やり 死へ向かいて 再び 生を望み、臨む 嘆きも 悲しみも 暮れた果てに なお 幸福得ゆく その様(さま)は 真ふくよかな 「人」の姿なり 敬愛と感謝をこめて ごめん...

全体

天は 全体 人は その一部 天は 全体 神もその一分であり 人はさらに その一分 全体の中に それぞれ、各々が意思を有し 無理難解 申して もがき苦しむ者も 大いなる懐中に 在りて 大いに甘んじてこそ 七転八倒、紆余曲折も厭わねど 全体として...

交流

方向性

新型コロナウィルス対応が続いている。 それぞれの組織の人が、それぞれの観点で 一生懸命やっていると思う。 しかし、価値観というか観点が異なるので どうもバラバラで一体感が感じられない。 みんなが人類総幸福という目的を共有していれば 色々な組織や人が、異なる環境や条...

交流

ウイルスに学ぶ

ごく些細な・・身近ゆえに 悠長なことを申し上げます 昨今の話題騒然より ご多分に漏れることなく 気づかせていただき 先ずは私事「己で出来るところ」から 善処を図るべく、努めていること トイレットペーパー他、紙製品等 生活必需品の品薄な現状受けて 「有って...

カルマ しこり トラウマ とらわれ わだかまり 悪想念 因果律 我慢 自我 自己否定 潜在意識 想い癖

日蔭者を願う

人目につきたくないという想いが 幼少からある。 絵本で読む王様 本で知る偉大な指導者、先生などなど、、 高名で多大な功績を残したと聞いても 色々注目されさぞかし大変だったろうな と想う。 だから、自分は なるべく日蔭にかくれて 生きたいなあと願ってきた。 ...

サクラ

もう香りは薄い・・(かもしらん)。 昨年、ひょんなことよりご縁をいただいた そのお茶を一年越しに淹れた 数年蔵に寝かせて熟成させた自慢の煎茶と 伺い、お味見に取り寄せた当初は その時の体調も相俟ってのことだろう。。 寝かせたわりに?若葉の香りもフレッシュな ...

魔法の三言

人を想う

自分でも、あまり人付き合いのいい方ではないと思う。 どちらかといえば、距離を置くほう。 既に他界されているが会社関係の知り合いで、 家族が世話になった人がいた。 その当時は、自分が直接世話になっている訳ではないと 自分に言い訳して、距離を置いていた。 今になってふ...

ひとつ

天は一つ、その 大いなる魂も、 み意(こころ)も一つ この宇宙は一つ、この空も一つ この魂もこの身も一つ けれども たくさんの神々や たくさんの人々が この宇宙を、星々を担い 生命を支え合って 活かされ生きているから 一つであって 独りじゃない ...

しこり とらわれ 過去世 潜在意識 想い癖

知らず知らずのうちに発揮していた慢心

知らず知らずのうちに発揮していた慢心(5次元霊体の意識) 四世前の名残。 同じ次元にあたる5次元霊体の副意識にも。 三世前の名残。 慢心・自惚れによるプライドが備わっていた。 調子づき自惚れて、慢心して、プライドができる。 プライドが周囲との摩擦を生む。 不幸...

因果律 交流

進化の糧

人はその気になれば 肉体の殺傷は可能だが 内に宿る魂は自ら 消滅すること叶わない たとえ、肉体が病魔に倒れようと 魂は、病んでも死することはない 魂が生成され、肉体の生を享け 「人」となりてその進化に臨む 魂も、肉体も いづれも 生きることを望み と...

過去世

生きる

道行く人々を見ればーー どの人も生き生きとして その内に宿る魂は みなそれぞれの事情を抱える。けれども どの魂もみなーー在り在りと いきている そうしてーーどの魂も 過去世より連綿と 進化成長を重ね 肉体を得てこその醍醐味である 「生きる」ことを望み ...

カルマ しこり トラウマ とらわれ わだかまり 悪想念 因果律 自我 辛抱心 潜在意識 不安

サボる気持ち

単調で簡単 時間にも内容にも 余裕がある仕事の時 サボりたい気持ちが湧く。 「誰か他人がやってほしいー」 と想う。 無責任な想いは 日常に通じる姿勢。 細かめに過去を振り返ると そこここで下す決断に その姿勢が顕れており 経てきた人生に大きく影響してきた...

しこり トラウマ とらわれ わだかまり 悪想念 過去世

浄化の雨

春雨は 風に運ばれ 大気を掃いながら、大地をたたく 時に激しく 時に優しく 風が 押し拡げ、雨が 洗い流し 空を洗い 地を洗いして 世間の噂も、人々のその心をも 祓い清めんばかり 洗い流されてゆく 宿るその熱き魂へ、今こそ 響かせんと 浄化の雨は、...

辛抱心

体調不良

腰、ヒザが痛く、喉も痛い。 立ち上がろうとすると悲鳴が出る。 顔を洗おうと前かがみになろうとしても 曲げられない。 普段、当たり前のように自由に 体を動かしているが、ちっとも 当たり前ではなかったと良くわかる。 絶妙な仕組みで動けるようになって いる事に、感謝...

言葉 潜在意識 不安

風は浄化と共に

風は さまざま 雲を運び 雨を運ぶ この地上、肉体界の様々なもの 物質を運びゆく 雲や雨だけでなく 人に 大気に、花粉は運ばれ 風邪に ウイルスに、噂は運ばれ そうして さまざまに運ばれた結果 人の運をも 運ばれてゆく ビュービューと荒々しくは、足早に...

悪想念 我慢 顕在意識 自我 自己否定 想い癖

驕る気持ち

忙しくも ばっさ ばっさと仕事を捌いていく。 能力を発揮できている充実感が 高揚感を湧かせ気持ち良い。 が、心の内に 「どうだ」「凄いだろう」と 陶酔している想いもあることに 気付いた。 根っこは驕る気持ち できる自分しか認められない 愛の枯渇 ごめんな...

過去世 自由 辛抱心

恩恵と原動力と

人は凡そ 20万年の大昔より ずっと立ち働いてきた 食べられず、安住できず 生きてゆくため 食物や飲み水を得るため 現代ほど人工物はなくも 意欲と希望を持ち合わせ 肉体を得ることを望み 「人」としての存在を望み その機会が巡ってきた以上は なんとして...

辛抱心

君が代

クラシックカーのオーナーが集まって、 名所をめぐってドライブする RALLY NIPPONという画像を見ていた。 何回か続けていたら、 【君が代の意味に感動】という YouTubeに行き着いた。 全然関係ないんですけど?? ちょっと見てみようと想ったら、 結局...

浄化前線

ここのことろ。。 局所的な雨に見舞われていて。。 乾いた風を 肌身に感じたかと思うと 瞬く間に、ザーッと激しく雨粒が降り注ぎ 大気中の霞が 一掃されてゆく これでは。。 風が運ぶウイルスも行く手を阻まれ 土に帰るしかない・・か。 立春をとうに過ぎても 雨雲...

運命を開く

霊層と次元 5

極楽界の上半分に上がった人は 通常は、現界に再生することはありません。 これが古来よりインドの人々が理想とする解脱です。 現界で行うべき修行が完了したというわけです。 さらには 4次元神界への格上げ(神上がり)ということもあります。 4次元神界にも霊層があります。...

運命を開く

霊層と次元 4

幽界は 「過去の悪い行為を反省し、悪いカルマを解消するためにある」 また 「想念向上のためにある」 といっても過言ではありません。 したがって、因果律の知識、心の修練の知識があって幽界に行くのと それらの知識なしに行くのでは 悟る速さに格段の違いがあることは当然で...

運命を開く

霊層と次元 3

幽界では、自分の悪いカルマを解消するための行をおこないます。 また、想念を向上させるための行をおこないます。 その修行はもちろん、自分で選ぶのではなく与えられます。 「なぜこの行を与えられるのか?」 と言う疑問に答えを見つけることは容易ではありません。 何故なら、...

運命を開く

霊層と次元 2

霊層は大きく分けて 極楽界、温暖遊化界、中有界、軽労働界、重労働界、地獄界、寒冷地獄界の7つに分かれています。 それぞれの界はさらに細かく分かれています。 ・極楽界   :14段 ・温暖遊化界 :23段 ・中有界   :19段 ・軽労働界  :21段 ・重労働界 ...

運命を開く

霊層と次元 1

秦の始皇帝は 不老長寿の仙薬を入手する目的で 徐福に巨額の金を持たせて日本へ派遣した と伝えられています。 それほど、永世は人々の願いなのです。 実際には、100年を超えて肉体が生きることは今はまれですが 魂は、現界(肉体界)の常識を超えた永世が可能です。 通常...

四万十川

ブラタモリで四万十川を歩いていた。 四万十川は昔から大きな蛇行を 繰り返している。 川の氾濫による災害も多いが、 その結果として、山の中では少ない 水田として使えるような用地も 生み出している。 村の人は沈下橋で氾濫を受け流しながら 生み出された土地で恵を頂き生...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚