言葉

db(デシベル)

 月の吐息は10db 草花の囁きは 20db 一見?巷の賑やかさとは 毛色が違うように感じるけれど… but, 月夜の晩へ 耳を澄ませる時ーーーサラサラと たなびく草木に 一斉に 囁き寄せ合う 精霊たち その讚美に湧く様子は 賑やかく 然るべき.. "db"か...

古い傷より

冬季に入って時折 足指の付け根付近が ズキズキと痛んだ 外傷はない。強いて言えば・・ 爪が薄紫色して、冷えてるくらい。 重たいものを落としたか・・あるいは 踏んずけた・・? 丁度、免許の講習会へ出席、そこで 教官の話を聴き、改めて思い出した。 小学生か中学生の頃 父の運転する車の...

自由

年季

十余年を経て 振返れば それなりの場数を踏んでこそ 馴染むものあり 板につくものあり 相変わらずと思えば 目を見張るものもあり 十余年の後先を 予見したつもりなくも 場数積まれ、経験と成り 過去の世よりの罪 穢れは 贖われて 柵(しがらみ) が解けてゆく “年季”ーーー ふわり湧...

邂逅

すっかり。。 恒例となっていた 月例祭 お祀り10年を 迎えた本年 執行納め、年季が明けた 十年一昔とは申せ。。早いもの ほん(本当)に “光陰矢の如し”ーーや。 神上がり去るる方、皆 金や物品、人(血や性)、名声や栄誉 それら 肉体界の諸々へ 自我の欲するままに 追わず、固執せ...

過去世 想い癖

「私」の中の わたし

 自己の意識には たくさんの “想い” があって 云わばーーー 「私」という人の中に たくさんの “わたし” がいるーーようなもの。 例えばーーー クヨクヨと悩む わたし これは 過去世に由来する習慣、クセで この習慣は、ひと癖あり。 詰まらぬ事に 拘ったり 性懲りもなく凝る・・...

一陽来復

 気がつけば。。 盛んに 秋を奏でてた 虫たち姿潜め 刈り終えた 田の米 啄み尽くしたか。。雀たち 軒先へ撒かれた 古米拐いも あわただしく すきま風 冷たき 月暦は小雪 雨戸閉じ シンと静まり返る 裏路地さえ 心なし。。冬支度 一陽来復 願わんと ゆく年省みて 懺悔するは 辜月...

不安

照らすもの

  心の奥底に 潜む 凝り固まった 闇を 有耶無耶にしてきた あの事を 陽の目を見ることの なかったものを 陰りに隠され 見えていなかった現象を 理に反る 無理を 本意でない 無駄を 幸福な道より外れる 不幸を 不確かな日常の 不安な認識を 真の大愛を 陽の光のごとく コロナは ...

運命を開く

内なる宇宙へ

  宇宙開発は まだ見知らぬ場や 可能性への開拓精神ありきに 人々の夢や希望が託されている それは わが身内に宿る 最も身近な 内なる宇宙を知れば 自ずと解る 今は未だ ほんの上部、一側面しか 見えていない 知り得ていない本望 己の夢や希望 知りたいとのその想い、開拓精神の 深い...

運命を開く

更年期

  毎年、歳を積み重ね.. "五十にして天命を知る" 孔子の代よりも 足早なる進化は計らわれーーー 更年期を迎えてなお 沁々と想う 日々 変化する身体 衰えもすれば 無理も利かず 気づかされては 励まされ 労いながら 宥めながら 休み休み、一歩一歩 あせらずと...

心のレシピ

心のレシピ/Lesson74

  いつもキレイな心でいたいから。。☆″  心のレシピ/Lesson74 心に残る想い  キレイな心は、健やかな想いから。善い想念は心をキレイにし、幸運を運びます。 日常的な想い、ふと浮かぶ想い、何かのキッカケに湧いた想いなどなど、その想いに 心の様子や状況、成長段階=健やか度が...

旅立ち

いづこへ ゆこうと 人の世は 情けに溢れ 情緒豊かに 趣あり 旅立ちを 後押しするかのごとく 見守られてぞ 楽しきもの いざや、発つは 後腐れなきよう 潔く この世であれ あの世であれ 赴く先は 趣ありてこそ 旅立ちを 悔やむことなかれ 悲しむことなかれ わが道をゆく先々の 苦労...

進化の証し

  顔触れが 変わってゆく まるで。。人が入れ変わったかの如く 見違えるくらいに 顔つき、顔色、、 その表情の一つひとつ 聞けば。。 言葉は後からついてきて 謙遜するかのよう 否定こそせずとも 成長の喜びは如何ばかりか 泪ながらに 目鼻を緩め 「ありがとうございます」 心奮わせる...

初めと終い

「ありがとう」で はじまる人生 「おかげさま」で 終う人生 いづれにせよ ハッピー ♪ Happy✨人生\(^o^)/ 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

運命を開く 自由

返上

今年 はじめ頃に 運転免許の更新のお知らせを戴いていたが 珍しい事もあるもので… はなから その気が起きずにいた 若い時分より。。運転には事欠かず 何処へ移ろうと・・街中や郊外、山奥や 目と鼻の先であれ 何であれ、、 車を駆る事なしには語れぬ暮し、そういう生き方 だった 丁度。。...

+ to +

  戴いた経机の 小引き出しに しっかと 染み込んだ  キツい 線香の残り香を どうにかしようと画策、 お気に入りの 消臭系ハーブを仕込もうと 半ば 決めていたのに、結果的に逆の あまり 好みではな い、 ムスク系の香木を ネットで仕入れた (( その パッケージの謳い文句 「ス...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚