★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

ご守護と礼節 3

2019年12月3日火曜日

運命を開く

多くの人が、気軽に買い求めているように見える
「御札」や「お守り」は
本来、その神様を信仰する想いの上で求め、持つものです。

「信仰」とは、ある神様を崇め奉り
ご守護やお導きを願って絶対的に従うことです。
そのような心から信仰する想いもなく
一時の「神頼み」をするように
御札やお守りを求めるのは
いかがなものかと想われます。

御札やお守りは、神様の御神体に代わるものではありませんが
信仰する神様からの授かり物として大切に扱うべきです。
踏むなどして汚したり、放置したままにするなど、粗末に扱ってはいけません。

無用になった場合、神社にて「お焚き上げ」をお願いします。
間違っても、破棄したり、ゴミとして捨てることはしないように留意しなくてはなりません。
返礼(お焚き上げ)する際にも、感謝の心として相応の御礼(お玉串)をお納めします。


ごめんなさい
ありがとうございます
愛しています

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚