心のレシピ

心のレシピ 68

いつもキレイな心でいたいから。。☆″  心のレシピ/Lesson68 不安は心の傷  キレイな心は、清らかな善い想念に満ち、それゆえ安心しています。日常事を悩ましく思うこともなく、ちょっとした不安から幸せを遠ざけて・・なんてことにもならずに万事安泰、心穏やかな日常生活を営...

室礼(しつらい)

遠慮はいらぬ仲にも 礼儀は不可欠 親子、兄弟姉妹であれ 夫婦、ベターハーフであれ 身内いかんによらず 友人、知人、師弟 いかなる 親しき間柄なれ 礼節を重んじる心は 清らかに美しく 躾や所作 室礼を弁(わき)まえ うや...

運命を開く

人で在る

いかなる 「人でなし」も 「人」で在る いかなる 「ろくでなし」も 「人」で在ることに 相違はない 罪を憎んで 人を憎まず いかような人であれ 己と同じ 「人」で在るからには 人を憎むは 己を憎むに等しく 人の罪を憎めば 己の罪をも憎む ...

潜在意識

想いは自在

何処に身を置こうと 何をしていようと 自在に 想いは伝わり 伝えられている 陰で囁こうとも 密やかに 偲ばるるとも それとなく想いは 伝播し、波及する 嫌いな想い 好きな想い いづれも 別格や特別であればなお 想う念の強さに従いて 優...

潜在意識

肯定的にあること

「否定か?肯定か?」 いづれか?と問われたなら 否定するつもりもなく どちらかといえば・・「肯定的」 に値するやもしれない 人には人の想いあり 経験や得た知識も相応に カルマあり、トラウマあり それら経緯を踏まえた上で その方の仰る言葉、発する想い ...

潜在意識

権利と義務

人はみな 等しく 幸福を得る 権利を有し 自由意思により 自己意識が持つ 想念の 向上と進化成長に臨む 義務を有す 敬愛と感謝をこめて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

月灯り

師走も半ば過ぎてーー 空一面 霞掛かったよう 薄々と伸びた雲に お天道さんを遮られ 今は未だ 陽の目見ない ぼんやりとした 仄温かい大気 繰り返し 天気予報は「快晴」を促す 朧げな空模様の中をも 真っ直ぐに 清らかな 月光射し 迷わぬよう...

柿簾越しに想ふ

今年は“末成り”の意に反するよう 所変わればか、個体差か 艶や肌の柿群が遠方より届く 早速、柿剥きに取り掛かり・・ 物干し場を半分ほど占領した 柿簾(すだれ)の完成も束の間 湿り気を帯びた雲行き怪しい 天候に、干し柿完成が危ぶまれる おひさまと空っ風が欲し...

運命を開く 自我 自由

ちえのわー知恵の活用ー

先人たちが そのまた先人であるご先祖や ご守護戴いている神様、 そのまた祖先たる方々より 様々な形でいただいてきた 知恵 色々な物事の活用術や 画期的方法は 今の「私」が得たものではなく 「私」から始まったことでなく 過去から連綿と受け継がれ 伝えら...

魔法の三言

浄化事情

「うわぁ~~~~!!」 やいやいやい、またもや 一大浄化が始まった お隣さんの園児たちが 親子共々?何事かエライ騒ぎよう 「バタン、バタバタ、、ドスン!?」 家中を駆け回っては 押し相撲でも取っているのか 奇声を発して燥ぎまくり 盛んに金切声を上げ、、...

自由

大往生

父、他界。享年九十歳 「(私は)人に恵まれた」と度々 思い出話を楽しそうに語り 人生の転機で人に救われ、助けられ 世話を焼かれてきたのも人徳のうち 晩年ますます、悠々自適に 食べる事と寝る事とシンプル 事を荒立てること望まず 物静かに過ごし 「寝てる間...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚