★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

トラウマ 悪想念

順番

帰りの電車から降り、改札に向かって人垣が出来ている。 改札機にカードをかざそうという所まできたら、横入りしようとした女子高生が手を伸ばして読み取り部にカードをのせてきたので、同時2枚でエラーになり扉がバシッと閉まった。 その場はやり過ごしたが、かなりムカつき中々収まらない。 ...

運命を開く 自我 自由

「私」が幸せに在るために

人類総幸福とはーー とにもかくにも 「私」が幸せに在ること 「私」が幸せに在るために 何事にも 縛られることなく あらゆる 執着から自由であること 勝ち負け 優越感や劣等感 長所や短所 好き嫌い それらの両極的な想い 評価、ジャッジ(審判)、...

トラウマ 心のレシピ

心のレシピ 65

いつもキレイな心でいたいから。。☆″  心のレシピ/Lesson65「心の受容性」 心は自由。 けれども、私たち人は、 過去世の経験より培ったある“想い”にとらわれたり、 わだかまったりが習慣化されて、 心は不自由な状態に。 塾生: 特に疲れている...

カルマ しこり トラウマ 想い癖

感謝の念

親切にしてもらうと 「すみません」という想いが湧く。 物事をこなせない自分で申し訳ない。 また他人の手を煩わせてしまった・・。 そういう想いが先に立つ。 その後「ありがとうございます」 これが通常。 先日、初めて感謝の念が先に湧いた。 自分を赦せたような気持ちだ。 こんなにも ...

言葉 自由

鎮魂歌

小さい人たちが思い思い その想いのままに 画面へ映し出される歌詞を 懸命に追いかける 全身で拍子を取り 精一杯の声を張り上げて 渾身の唄は流れてゆくーー ー名残り惜しまれる想い、心に刻まれた深い悲しみを 呼び起こして、絞り出すかのようーーに。 心揺さぶる想いが 紡がれた詞の随所に...

自身の浄化と地域浄化

自身への浄化の業と想念浄化の業は、地域浄化とセットで行う 自己を浄化しつつ、地域を浄化する それでこそ上手く回るように感じる ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

トラウマ とらわれ 運命を開く

疎い~聡く明るく

昔から人情、特に恋心には敏感で その想いが懐かれれば即座、感じ取る きっと。。過去世での人情劇、その色恋沙汰は それなりだったに違いなかった そう古い過去へ想いを馳せながら 話を進めてゆくうち 「人の気持ち(恋心)には鈍いかもしれない」と聴く。 ーー「鈍い」? そんな面もなきにし...

因果律 潜在意識

魔が差す

予定時間が変更になったので その後の予定も調整しようかなどと考えていた。 自転車で移動しながら 取り敢えず何か連絡でも入ってないか スマホを確認しようと思い カバンに手を伸ばして気がついた。 おっと、危ない。 危うくスマホ運転をしてしまうところだった。 スマ...

自由

「愛」について5

すべてのひとに、天の恩寵である人本来の温かく純粋な「愛」は宿っています。 愛に満ちている人は 心がとてもふくよかで より多くの幸せに恵まれます。 一切の見返りを求めず、心から愛してゆくことで 「愛」は大きく育ってゆきます。 無償の愛を注げば注ぐほど、人を愛すれば愛す...

因果律 運命を開く 言葉

認知

「多様化する社会」 そもそも 多様な「魂」より生まれ 多様な意識を持つ「人」 けれども そのことが認められず 顕在的な認知に及ばずに来た だけのこと 神々主体の幸福な社会造りから 人類主体の人類総幸福社会造りへ 天が舵を切ってより 「人」の時代は訪れて その多様性が 認知されるべ...

しこり とらわれ わだかまり 悪想念 想い癖

そういうものでもない

物でも人でも 「そういうものだ」 という目でみていると 細かな変化には気付けない。 成長度合いや異変などなど、、。 久方ぶりに家族と会ったが 目立つ変化や 気にかかる部分 以外のところは 「そいういうものだ」と 決めつけて見ていた気がする。 気持ちに濃淡を生むものが情だ...

食べ物

駅のホームで電車を待っていたら、 目の前に小さな黄金虫のようなのがヨタヨタしていた。 もう寿命なのかな〜と見ていたら、 どこからともなく、カラスがやって来た。 カラスらしく、ちゃんと左右を見て電車が来ないことを 確認しながらホームの虫の所に近づき、虫をくわえて 少し離...

みんな大事

「ウチの子が一番」 それは「情」であって 真意の「愛」ではない。ただ そう思う本人が、そのことに 気づいていればいい 「ウチのバカ息子が・・ 迷惑かけて相済みません」 それは「情」であって 真意の「真」ではない。ただ そう思う本人が、そのことに 気づいていればいい なぜならばーー...

悪想念 顕在意識 潜在意識

遠ざかるという感じではなく

自身の悪想念や欲、我やプライド それらは味わうべきもので、排除すべきものではない 経験すべきもので、除外すべきものではない そういう自分にしっかりと気づくこと そういう自分をしっかり見つめるべきもので 除外/排除する意識でいると そこから遠ざかる事にになり 学べずモノになら...

言葉

続けること

「継続は力なり」 一時は没頭したことも 結果、続かない。けれど 続けたことで 身に付くこともあり 「続ける」活力、エネルギーを得 続けていることが 生きる力にもなろう 続けようと思わなければ 当然、続かない。けれども 続けたくとも続かないこともあり 続けることの難しさが云われるゆ...

顕在意識 自我

傲慢

自我がうずきだし これは、自分がやったんだと訴える。 自分の手柄だと、アピールする。  ただの、お役目、お陰様。 騒ぐのなら、他の誰かが、やってくれるよ。 ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

運命を開く

「愛」について4

人はともすると 己の尺度に当てはめて相手を計り 「私にとって心地よいか、悪いか」の判定を下し 当然のごとく 好まない となれば線引きをして遠ざけます。 ひいてはその存在をも否定しかねません。 己本位の想い・悪想念に囚われてしまうと その存在を認めるどころか ...

顕在意識 潜在意識

意識の合一(ごういつ)

外へ外へと向いていた意識が、やがて 内へ内へと立ち返ってゆく 人々の犇く都会育ちの若輩者が 「人混みは窮屈」に感じて 大自然に導かれて田舎暮らし 悠々自適を目指しーー外へ外へ。 「人間」である以上、関わらざるを得ない 「人」と「社会」 都会にあれ、田舎にあ...

辛抱心

「辛抱」をかみ砕く

塾では我慢と辛抱の違いについて よく話題が及びますが 辛抱について自分なりに解釈したことを書いてみます。 ーーー 辛抱は、その人の器を大きくする。 ”辛”いを”抱”えると書いて辛抱だが 辛かった状態が 何でもならなくなるーーーつまり、器が成長しその中に収まるようになると それ...

熱気候

昨今ーーますます、日本は 熱気に包まれるように 一大浄化の渦中にあり それは、とりわけーー西から、東へ 大いなる風に乗って運ばれ 人や地域、国や社会・・物も人も 要所要所、洗い流され 一大旋風を巻起こし その在りようの 過ぎたるを祓い浄め 及ばざるを...

辛抱心

歳取り

「なぜ、歳を取るのか」 年月を経、歳を重ねて少しずつ 解り始めてきた 親になってはじめて 親の心を理解する そう言われる通り “育てる”という立場に立って改めて “育つ”にはーー 成長(育つこと)を信じて 優劣・長短に拘わらず あるがままを受容する それには 辛抱して待つこと。が...

辛抱心

何よりもまず

とにもかくにも、 色々考えずに、 何よりもまず、想念浄化が、浄化の業が必要なときもある そういうときは、素直に浄化しよう ごめんなさい ありがとうございます 愛しています

自由

ミクロな想い

昔取った杵柄より パンを焼いてみた 洒落た名の酵母たちが 瓶の中にてーー フツフツ、シュワシュワ シュワワ~と育ってゆく様子に 時に驚きと感動と ささやかな楽しみは醸される 元気が何より嬉しくて 元気がないと気掛かり 身近なミクロの存在に ささやかな想いは重なり 子育てにも似てー...

言葉

表現

表現の技術という本を読んでいた。 --- 外側の新しさを面白さと呼ぶ虚しさに気づき、 そろそろ本質を見つめるべきではないでしょうか。 「人が人に教えたくなる」「探してでも見たくなる」 ものをつくる必要がある --- ・・・そんなホームページになるよう磨いていかな...

とらわれ 運命を開く 我慢 不安

変化を楽しむ

季節は移ろい 変わりゆくように 人もまた 折々に変化する その目に映る物 この耳に聴く事 これまでも 変化を繰り返してきた物事 ゆえに変わらないものはなく そのことに気づけずとも いつの間にか変わっている 変化に富んだ四季 その折々の情景を楽し...

運命を開く

教え

天の理(ことわり)は 幸せに生きるための指針 人伝に見聴きし 感じ入るそれらを 「天よりの教え」と捉え 実直に学ばんと 我が身を省み 「なかなか・・ 教えの通りには ままならず」なれど それらを踏まえて ありのままの己を 率直に感じられること それこそ...

顕在意識 潜在意識

単純作業

〇秒間隔で流れてくる箱へ 順番に製品をつめる単純作業。 最中色々なことが頭に浮かぶ。 同じ「〇秒」でも感じ方が違う。 伸びたり縮んだり時間って相対的だよナ、、とか 平常心を保てなければ上手くいっている時間が短い。 流れに身を任せきるにはやはり意識がテーマになってくるナ、、とか 少...

「愛」について3

私たち人も含め、生きとし生けるものみな、かけがえのない命です。 命が命を育み、ともに支え合って生きています。 魂が魂を生み創り、授かるこの命は、偶然に生み出されたものはひとつもなく、みな必然で、必要があって生まれ、存在しています。 支え合わなくては生きられない私達は、互...

過去世 顕在意識

無理ー”理”を無くして

身体が痛かったり 心がしんどかったり 少なくとも 楽しくはなくて 心から“幸せだなぁ~♪”なんて とても思えなかったなら それはどこかに 無理が生じているせい そのつもりはなくとも いづれかの過去世にて無理が生じて それに気づかずにそのまま今生...

運命を開く 潜在意識

ウツ

ウツになってしまう人、引きこもってしまう人が多いらしい。 やらなければならない事に真面目に取り組む人が多いような気もする。 やらなければならない事、回りの基準と 自分とのギャップに苦しんでいるようにも見受けられる。 やるべき事、基準は 外ではなく自分...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚