★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

一般カルマ浄化法

2019年6月13日木曜日

カルマ 運命を開く 過去世 顕在意識 潜在意識

 先ず、自分の“み魂”や“副魂”に語りかけます。

「私のみ魂さん(もしくは副魂さん)、何かカルマを持っていませんか?悪いカルマは苦しみの原因ですから、持っていたら解消しましょうね。」

 ここまでは“心構え”です。
 段々に核心に迫っていきます。

「過ちを犯した際、迷惑を掛けた相手へ素直にお詫びをしていれば、過去にどんな悪いことをしていたとしても、そのカルマで大きく苦しむことはありません。しかし、自らの悪心、悪行を詫びることなく、やり過ごしてしまうと悪いカルマとなり、更なる苦しみを伴います。今あなたが持っている悪いカルマは、そのようにして出来たものです。」

 ここまで言えば、悟りの速いみ魂・副魂であれば、自主的にお詫びを始めます。
 しかし、すべてのみ魂や副魂が悟りが速いとは限りませんから、さらに語りかけを進めます。

「出来てしまったカルマは、そのカルマを積む素となった“過ち”についてお詫びをすれば解消します。詫びる際の苦しみはほんの一時のもの。むしろ逆に、詫びること自体、苦しみから開放されて喜びを感じ得るものなのです。それに対し、詫びずにその悪いカルマを持ち続ける苦しみは解消されるまで、いつまでも続く永続的なものですから、勇気を出して犯した過ち、悪心・悪行と向き合いましょう。」

 このように導き、カルマの解消へと促します。

 詫びる相手は、一般的には御天之御大聖主之御方様(おてんのおだいせいしゅのおかたさま)および、迷惑を掛けた相手です。御天之御大聖主之御方様とは閻魔様の頭領と思えばいいでしょう。

過去世のカルマについては、迷惑を掛けた相手(人)は幽界にいるのが普通ですが、再生して現界にいる場合もあります。このことを念頭に置き、たとえ相手に通じているのかが分からなくとも、心の中で真剣に詫びること“心からの詫び”が大切です。

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚