★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

とらわれ

2019年5月9日木曜日

未分類

昔から感受性の強い子でした。

一度、叱ろうとして手を上げたところ
泡吹いて倒れてしまって。それからというもの
腫物に触るようで、とても扱い難くて・・・(母親談)

その彼は、一途にこだわってきた。

東日本大震災以来、放射能汚染に神経を尖らせ
飲み水や食べ物、住処にこだわるものの

突き詰めるほど、随所に汚染の現状を知り
「食べられるものがない」と死を仄めかしてまで。

定職に就くも大概、人付き合いは窮屈で難儀
彼の正論は罷り通らず、物別れに終わる

いくら正論であれ、強く主張されれば持論

その主張にこだわればこだわるほど
「こうあるべき」が突出して

彼を理解できない周囲にとっては少々厄介
怒らせたり、不快にさせたりと角が立つ

何よりも
「こうあらねば」とこだわる彼自身が

今在る現状、この世を受け入れられずに
一層生き難くしてしまっている

それは過去世にても同様
過去の失敗は、現世に生きて

その“とわられ”を解消するために今世
そして、来世がある

過去を受け入れられなければ
現在は無きものに等しく

本人曰くの
「亡き者」として生きるしかなくなる

幸福を望まぬほど不幸なものはない
さりとて
幸福を望むのが人魂の真の心

彼(ハイアーセルフ)は
そのことを知っている。だからこそ

我は「死ぬしかない」と訴える

ただーー魂の世界に「死」は存在せず

たとえ、早々に肉体を離れたとしても

魂は引き続き
幸福を得るための長い永い旅を続けるだけ

その“とらわれ”を解消し、こだわりを捨て

全身全霊が自己を受け容れて
安心感に充つるよう
改心されるまで



ごめんなさい
ありがとうございます
愛しています




◇ カルマとトラウマは背中合わせ ◇

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚