★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

未分類

年の瀬によせて・・2018

親愛なる皆さま こんにちは(^^) いつもありがとうございます 北よりの風は冷たく、徐々に初冬らしさを増し・・ 冬本番を目前に控えて、今まさに 「辛抱」の一年が過ぎてゆきますネ。 厳しき季節もまた、“育み”の一環。 日本中が浄化の熱気に包まれるように ...

未分類

ミラクル

ここのところ、体内に痛みが走ったり 呼吸が浅く、視界が狭まったり 途方もない疲労感に襲われたり、、 前触れなく体調が急降下する日が続いた。 だが、ありがたいことに 横になって気絶したように寝入ると 復調する。 そんな時は 健康で いつもと変わらぬ調子に生活している ということが ...

未分類

関わり

「迷惑かけなきゃ、生きて行けない」 重度の身体的障害を負った方の 真の言葉(想い)は やむをえぬ現状より発せられた 情けを乞う訴えのようでありつつも その実、全ての人が該当する 真相・真理に通じている 人は皆、独りでは存在しえず 生きることさえままならない ひと度、この世に生を受...

未分類

天、神様、ご先祖様、親

朝方、布団の中で気付きがあった。 自分のことを認められないから そこの部分を 他人に認めてもらおうと 外に目が行き、気が向くのだと。 その日、久しぶりに母から電話があった。 少し長い会話をした後、 トイレでふと思った。 自分を認められないから 自分の存在をどこか否定している。 だ...

未分類

反粒子 反物質

近所の大学でノーベル物理学賞を受賞した方の講演会があったので出かけていった。 内容は専門性が高くチンプンカンプンではあったが とても興味深く1h30mの間、熱心に楽しく話を聞けた。 印象に残ったのは ・理論的に物質と同じだけの反物質が宇宙のどこかに存在している必要がある。 ・しか...

未分類

学生時代

何十年も前になる。 当時は学業に精を出す訳でもなく やりたいこともなく よくアパートで寝ていた。 友達に誘われれば出かけていったが 行かなくてもよかった。 その時間を何かに充てればよかった 無為に過ごした時間を 何かに熱中していれば今頃は・・ つらつら過去の場面が浮かぶ。 あの時...

未分類

久しぶり

先日、以前「健康ボウリング教室」で指導のため通っていたボウリング場が、 越してきた家の近くなのでご挨拶にお伺いした。 午後2時頃から以前指導していた方たちが、リーグ戦で投球するとのことで 暫く待っていると見慣れた方たちが投球を始めました。 近寄っていくとすぐに私だとわかって下さり...

未分類

今の景色

夕方、えんじ色に染まった空を見ると、 天に向かって相輪が伸びているお寺の屋根が 黒くシルエットになってとても綺麗だった。 通り過ぎた後、そうだ、写真を撮っておこうと戻ったら、 もう光の加減が変わってしまっていた。 絶妙なタイミングで綺麗な景色を見せていただいた事に 感謝するととも...

未分類

どんぶらこ

何かに押されたような、 急に流れの早い所で足を取られ流されたような、 あれよあれよで事が進む時がある。 そんな時、私の場合は、勘違い?がつきもので、 確認したつもりだったり、 そうだと思い込んでいたり。 それは実際と違って 後に、「初めにそうだと知っていたら、関わらなかっただろう...

間合い

朝、駅の中で色々な方向から来て色々な方向へ進む人が交差する所を通っている。 ゴチャゴチャしていて嫌なところ。 速いペースで進むとアチコチでぶつかりそうになり互いにピリピリする。 ユックリ譲るように進むと、まるで鏡のように相手も引き気味になる。 一分一秒を急いでいるわけでもなし...

心の対話

心の対話4―承認欲

「解ってほしい」 こちらは、あくまでも「被害者」なのに・・・! 立場の弱い者が救済されない世の中なんて可笑しい そのような社会は不公平であると憤慨していた そういくら訴えても取り沙汰されずに、結局 理解してもらえなかった様子が伝わってくる 他方では“(人に)知...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 61

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson61 「悲」―心のエッセンスpart8 心は、過去世の苦い体験から様々な問題を抱えています。 幸せになるために生まれた私たち「人」。 なのに、幸せとは相反する心の想いが、自らを傷つけ、幸せの本質さえも見えなくさせて...

心の対話 不安

心の対話3ー頑張り屋さん

「人に話すものなの?」 ある時、友人から 「あまり自分の事を話さないよね」と言われて思った。 そう。。だって――― ささやか?だけど・・いつも 密かに頑張ってきた。のだから。 ―その自負がある。(そう・・かもしれない) ひとり、細々(こまごま)と立ち回って...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 60

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson60 「慈」―心のエッセンスpart7 心は、優しさに触れると、まるでときめくよう♪ 正真正銘、真の優しさは人の心を癒す力があり、傷ついてしまっている心ほど、優しい愛のエネルギーは不足がちに。 塾生: 昔、マザ...

我慢 心の対話

心の対話2―我慢の子

『私、デキる子だったんです』 だから―――出来て当たり前。 「当然、デキるはず」だから。だって・・ 昔から人一倍、頑張ってきたのです。それが 我慢でも辛抱でも何でも厭わないほど。 彼女は眼を潤ませながら 心の訴えをそう語り出した。 過去世に培った心の傷が疼き...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 59

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson59 「義」―心のエッセンスpart6 心は、「人」として正しい在り方を、様々な体験や行動を通じて学んでいます。 ところで・・その「正しい」って、いったい・・どのような在り方なの? 塾生: 夫婦や親子、友人などの...

心の対話

心の対話

「どうにもこうにも・・無性に 腹が立ってしょうがないんだ」 ―悪知恵を働かせて、弱い立場の人間を 喰いものにして――!! そう憤慨する方の魂へ対話を試みる。聞けば―― ―過去世に、自分よりも力の弱そうな人を利用して 日銭を稼いでいた暮らしぶりを 「そうでもし...

悪想念 潜在意識

引き付けて、斬る

心を開くのが怖い だからこそ、愛想をよくしている。 心の間合いに入っていれば いざという時に先手を打てる。 引き付けておけばおくほど いつでも斬りつけられる。 だからこそ、信頼に足る行動をとるようにする。 そんな気持ちがある。 そんな気持ちで安心しようとしている。 こんな屈折した...

未分類

それでも!だいじょうぶ

誰某が「うらやましい」と 妬ましさを励みに換えて生きてきた人 自分が「情けない」と過去の行いを恥じ 後ろめたさから口重になって頑なに生きる人 私は「もっとできる(はず)」と 可能性の追求ばりに“できる人”を志し 向上心を駆り立てて、望ましい自分へと臨み生きる人 人の「狡猾(ズル)...

未分類

受け容れる

心の成長を願い 情に流されぬよう 自戒してきた しかし、だ。 情を過剰に嫌悪・警戒する必要も ないのではないか 情も、必要があるからこそ 存在しているのだから 戒めるのではなく そういう想いが湧いたら 受け容れる そこから 自分がどう感じていくか どうしていきたいか 成長!成長!...

未分類

信じるもの

人は、過去世より――― 「明日は死ぬかもしれない」と常に 切迫した状況下の中、自らを追い込むように 今日一日、一日を思いっきり生ききるため 文字通り“懸命”に生きることで 人生という経験を積み上げてきた それでも今、この一瞬の間に死ぬことを信じている 人はそういない なぜなら――...

未分類

想わば自由

すべてのすべての創造主たる 天のお計らいにより すべての人に等しく与えられ すべての人が個々に授かっている 自由意思 自由な意思であるからこそ 「どこが自由なのだろう?」 「自由なんてない」 「かえって不自由ではないか」等々 各人の苦しい現状より、その不自由さを訴える想い そう思...

未分類

心を救うメッセージ

えも言われぬ、心の不安 人ゆえに、誰しもの内に潜んでいる その心が抱える不安要素は――― お金?今の生活?仕事? 子育て?家庭?離別? 老い?病(い)?生死? 地位(立場)や名誉、それらの栄枯衰退? 失う事や失敗?勝ち負け?損得? その不安要素を 認められずにいるから、不安は生ま...

未分類

幸福のキーワード

人と逢う時、緊張からか・・何故だかドキドキする。 「何とか、落ち着かなくちゃ・・!」 忙しなく波打つ鼓動、どぎまぎする気持ちのまま 訳もなく?呪文のように“ある言葉”を繰り返し想う。 “ごめんなさい、ありがとうございます、愛しています・・ ・・ごめんなさい、ありがとうございます、...

未分類

風の言葉に

風に叱られ その言葉に諭され 背中を押されて 今日もまた――― 天空より吹く風に 強く、優しく 励まされながら 心強く、心安らかに 幸福への追い風に乗って 歩いてゆく 一進一退もいい それでも日進月歩 歩み続けること 今日もまた―――風の言葉に 諭されながら 心改め、天と地を紡ぐ...

未分類

天の大愛

思うようにいかず 拗ねて、諦めて 自分や他人(=人)に対する 尊敬を失いかけた時でも 天に対してさえ 悪態を尽きかねない そんな危うい時でさえも 全ての創造主たる天は その大きな大きな 途方もなく優しい愛で 忍耐強く、人が成長する姿を ご期待なさって下さっている。 その愛に ほん...

未分類

メガネ

近眼のためメガネをしてきたが 外しての生活を 試みている。 最初は見えないという不安、不快さも甚大だったが だんだん「そういうものだ」 と思えるようになった。 不便な面は当然あるが 良かった点をあげてみたい ・見えないからキョロキョロよそ見が少なくなった ・見えないから相手の顔色...

未分類

聖化進展

あれから1年 天上の御方様方の見守りの中 一期一会、精妙精緻な絶好の機会を戴いて 明心塾の一大式典が執り行われ――― 人々の更なる進化成長が計らわれてきた 手痛い“想い”に苦悩あり 心の奥底に終(しま)われている様々な体験が 徐々に掘り起こされて表面化し 悲しいやら、悔しいやら、...

トラウマ 顕在意識 心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 58

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson58 「信」―心のエッセンスpart5 人は何かを「信じている」とは言っても、その「信」は、絶対的(100%)か? と問われたら・・どうでしょう。ちょっぴり・・心が揺れちゃう!?かも? 塾生: 「○○を信じていた...

未分類

発見

一時期「自分探し」と言う言葉をよく聞いた。 自分の想いを探そうとする意思 それを持つことで 未知だった自分の想いが見つかる。 それは確かだ。 しかし、人は己のこととなると 美化あるいは卑下してしまうことが多い。 客観的に自己を捉えることは難しく 認めたくない想いに対しては 実に巧...

未分類

畦道

「クワッ、カッカッカッ」 「ケッケッケッ、ケロケロ」 「ゲコゲコゲコ・・」 遠くで蛙の唄が聴こえてくる まるで・・水を得た魚?というより “まさに水を得た♪”よう 一斉に産声を上げる姿は 躍動する命そのもの 響き合う“魂”は 地球の営み 昔々――― 幼きゆえに頼りない足取りで歩い...

未分類

逃げ場

我に固執している相手に 情をかけるのは ” 現状のままで良いのだ ” と言う逃げ場を与え 真の成長を阻むことになる。 情をかけたくなるのは 相手の中に自分を見ているから。 同じような質の我執・トラウマを抱え ” 我がまま ” に対する正当化・言い訳を 相手(自身)に投げかけ安心し...

未分類

同じような一日

同じような一日 代わり映えのない毎日 そんな風に感じる時 やる気がなくなったり 信頼が薄れていったり やもすれば自暴自棄になったり それでも刻々と 変化は訪れている 自他に、万物に すべてが成長への種になる 真の幸せを信じて ごめんなさい ありがとうございます 愛しています ◇ ...

未分類

アクセルとブレーキ

やらねば、せねばの思いが強いと 心身に無理や負担がかかる。 アクセルをベタ踏みしているようなものだが、 自身の顕在意識にはその自覚がない。 こういうものだと決めつけてしまっている。 感じたり想ったことを そのまま素直に表現できないことがある。 面子や常識、損得や恐れなどの想いから...

悪想念

“善”と“悪”、その先に・・

「“悪”など、世の中から無くなればいい」 との想いも在る一方で 「必要“悪”」なる、考え方(想い)。 それが―――善い想いかどうか、あるいは 正しい考えか、誤った考え方か―――? いづれにしても、それが 個人の想いに留まらず「人」の思考。であり 好し悪しや正...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 57

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson57 「恕」―心のエッセンスpart4 「恕(じょ)」って?――少々、耳馴染みのない単語のよう。訓読みの 「ゆる(恕)す」なら。。何となくでも・・頷けるかしらん? 塾生: 儒学でも説かれているが、 孔子は「...

未分類

天寿

小さい頃から抱いてきた夢は、御隠居さん そして病苦なく安らかな天寿を全うすること。 現在、自分の性分にあったことをさせて頂いて 生活しており、言うなれば夢は1つ叶っている状況だ。 昨日、爽やかな風に吹かれながら 身体を横たえてまどろんでいた。 家族が電話をしており その姿が見える...

未分類

皐月ノ風

窓辺の転寝も心地よく。。 爽快な風吹き抜ける 小鳥たちの囀りも高らかに 響き渡り 階下より誘導係の 快活な声を聴く 街中の空気を一掃する 清々しい風に見舞われて おかげさまで。。 少々、風邪っぴき(笑) 真にありがたきは コノ――皐月ノ風 愛しています   ◇ “想い”はじめに在...

未分類

我執(われ慢心す)

『“自我(自分)”への執着』 “我(われ)”の欲望や情欲に絆されること。 情に駆られて感情的になっては、我を忘れ 欲に囚われて強欲なまでに、我へ慢心する 自由意思を自己本位に履き違えたまま “そうしよう”とする想いや行為。 自我意識の持つ 自己中心性の欲望や情欲を満たすために 我...

未分類

幸せになるために生まれた

目前に幸せになるチャンスが訪れている。 にもかかわらず、気後れして タイミングを逸してしまうその心は 魂の奥底に秘めていたトラウマ 自分などは幸せになる資格はない それだけ他人に酷いことをしてきたから、、 という心の傷 大きな要因となった過去世での行いを想う。 自分を卑下する想い...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 56

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson56 「仁」―心のエッセンスpart3 「仁」とは、人を愛する心―――。人と人が、お互いを敬意と称讃によって支え合い、協調と調和を以って共生共存を図り、共に幸せを望む、相互扶助の精神です。 塾生: 儒学にても説か...

未分類

地球一周

今回の交流会は、 ��好きな人 嫌いな人」が、 テーマだった。 どんな人が好きか、嫌いか。 巡りめぐって辿り着いたら、自分だった。 そしてまた、 あの人だったり、その人だったり.... 私はあなた あなたは私 壁がなくなったら、 みんな私   ◇ 『心』は感じるもの ◇ 天国社会...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 55

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson55 「真」―心のエッセンスpart2 はじめに―――“真(まこと)”の想いが「天」という 全ての創造のはじまりに、自らを成り出でさせるに至った―――。 塾生: 「真」とは 本当とか、本物とか真実という意味が...

未分類

見える現実

見える現実は結果、その原因は数々の内なるデータにある。 現実世界の現象に悩み、苦しむ事で魂も成長するのがこの世 原因からアプローチすれば現象も変化する。 さながら、薬と漢方薬 西洋と東洋の医学や思考にもシンクロする。 このごく当たり前の真理が、カルト的に捉えられたり現実は不思議 ...

未分類

朝起きて

朝起きて とても良い天気で、清々しく 思わず 今日も皆に笑顔になるように、務めようと思い ふっと、こんな当たり前の事が何故、今まではせねばならない義務感があったのか逆に不思議に思えた。 特別な事でなく、当たり前な事、普通な事に思えた事に感謝がつきない ごめんなさい ありがとうござ...

未分類

辛抱強く

まだ浅い年月を伴する仲も ��0年ひと昔、志一つに繋がる縁も ��世前からの鎖縁も、皆―― 顔突き合わせてよくぞ、辛抱強く おつき合いくださっているものよ。。と―― 真にありがたく、感謝の一言に尽きる 私という魂の誕生以来――― ��000年の時を経て、ようやく 天命に、そこそこ...

心のエッセンス 心のレシピ

心のレシピ 54 

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson54 「愛」―心のエッセンスpart1 「自己愛」とは―――。利己的な愛か? 利他愛とはどう違う? 塾生: 「自分を大切にしなさい」と幼少の頃に母から教わりました。 「愛する」って人に親切にすること、そのための...

未分類

真理とは

天之大み祖之御方様、 すなわち――「 天 」     明心塾ホームページから・・ ◇ 明心塾の方向付け ◇ クリックすると投票されます⇒ 

未分類

自己否定

『否定から入る癖がある』 それは大変不憫なことだ。あなたの魂は 幸せを望みながら不幸を抱えたまま――だなんて。 そのことに気づいたのなら “どうして否定しなければならないのか?”を 魂や心等々、潜在意識へ問いかけてみるといい やがてそれは―――過去世に拵えた トラウマに起因してい...

未分類

とある塾生の、本日の祈りと想念分析

本日の祈り ・起こるすべての事を、感謝をもって、甘んじて受け容れられますように。 ・自分の不浄な面を顕わにして頂けますように。 ・全ての見聞きする現象は、善い・悪いに関わらず、受け容れられる自分でありますように。 本日の想念分析 役職への強い執着 職位への強い執着 序列、影響力へ...

未分類

丁寧に

すべきことが沢山たまってくると あれもやらねば これもやらねば の想いで頭の中が一杯 物事をしっかりやり終えぬうちに 焦りから、次の物事に移るので 中途半端の山となる。 ��つ1つ丁寧に。 そう意識するようになって変化の兆しがでてきた。 焦る想いがおさまり、冷静に1つ1つ対処する...

未分類

天之大み祖之御方様 は――― ” すべて ” である   明心塾ホームページから・・ ◇ 塾の役割と使命 ◇   ←クリックすると投票されます!    

トラウマ 過去世 心のレシピ 潜在意識 不安

心のレシピ 53

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ Lesson53 ストレスは心の問題に起因する 「そもそも、心はストレスの要因を抱えている」 私たちは日々、様々なストレスに苛まれています。 「病は気から」の通り、心のストレスが体に及ぼす影響は大きく、 放って置くと心は...

未分類

エネルギー

幼い自分(特定の潜在意識の一側面)・・・ 幼い自分も、それ自体はエネルギーを持つ存在であり、 それを亡きものにしてしまっては、エネルギーがゼロになる感覚がある。 エネルギーがゼロになれば、存在感が無くなり、この世にいても何も面白くない感じ 上手く舵取りしてあげることで、その本領を...

未分類

受け容れること

例えば、理不尽に人から怒られたとき。 怒られた事自体に反発するなどして、 怒られた時の自分の想いを受け容れられないと、 その受け容れられない想いがトラウマになる。トラウマができると幸福度が下がる。 受け容れないとはどういうことか? ・自分の想いを無視すること ・その状況を否定する...

未分類

読んで伝える

人前で文章を読む機会を頂いている。 何回か続けているうちに ”ここが大事、ポイントだ” と自分が思う箇所では 抑揚を強めて読んでいることに気が付いた。 しかし、だ。 人に響く箇所と自分に響く箇所が 同じとは限らない。 そこで、自分の色付けをせずに 聞き取りやすい読み方を心掛けた。...

未分類

スジが通る、通らない

『それでは話のスジが通っていない、おかしい』 そんな風に思うと食ってかかる ある時、自分の考えるスジなどさしたるものでもない という想いが心に浮かんだ。 自分の経験から導き出したスジや論理。 それらからすると理不尽に思えることも、 何かもっと大きなはたらき・仕組みからみると必然で...

未分類

懐かれて

東方の務め帰りの電車内にて 乗り合わせたご夫婦とおしゃべりに花が咲く   きっかけは、座席の譲り合いから。   聴けば、同じ降車駅の眼と鼻の先に住まう ご近所さんということ。また新たなご縁を戴いて嬉しい限り。   丁度、父母と同じ世代だろうか。。気さくでふくよかな表情の中に 経年...

未分類

ストレスフリー♪

人社会には様々な事柄が 「ストレス」として囁かれる   時に「人(誰某)がストレス」との誤認 取り違えを生じている心の在りよう、その惨状は   “誰某が”ストレスの要因だと思う、その“想い”に 依存している、または、偏っていること自体が 心にとっての、そもそもの「ストレス」になっ...

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚