★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

魔法の三言

2017年10月28日土曜日

未分類

先日 映画鑑賞していました。

アメリカの日常的な生活を描いた映画で、

戦争やアクション、刑事ものなど特定のテーマがある映画ではない、

家族、仕事、友情など日常的なストーリーです。

見ていてアメリカ人は常に I'm sorry を素直に表現をしている事に気がついた。

自己主張が強い国であり、相変わらず自己主張は物凄いが、同時に素直に陳謝する事が多いのだと感心していた。

ご存知の様に thank you(ありとう)

love()2言は物凄い多用しているのは周知の事実

アメリカでは魔法の三事が、日常的に頻発に使用されている。

(宗教の影響なのであろうか?)

日本においてはどうだろうか?

愛という単語などは、日本ではめったに聞かない。習慣も皆無

ありがとうの言葉もお店の挨拶(マニュアル)では良く聞くが、些細な事(エレベーターなどの譲り合い)でも

thank youを多言しているアメリカの習慣はない。

I'm sorry(ごめんなさい)も私個人的には、あまり聞かない。

日本人は奥ゆかしさがあるから、なかなか表現出来ないのか?

とも思いましたが、それは違うと思う。

確かに日本は相手へ気遣いは凄いするが、自分を殺してしまう程、

私には過剰すぎると思う。

私は日本大好き人間、明心塾でも日本は精神的に一等国家、特別な国と教わるが。

魔法の三言を多言するアメリカと、

使用しない日本、色んな原因は考えられるが、この事実は決定だと思う。


まずは日本の事でなく、これを思った私はより魔法の三言を意識しよう

と思う。

(確かにアメリカに住んでいたときは、多言していて自分自身がとても自由で、軽やかだった思い出がある。)


しかし愛という言葉を日常的に使う習慣

ないので、これは困っている。


※あなたが常に幸せにあるために・・・

心の修練:魔法の三言は愛のメッセージ

http://www.meishin-juku.org/heart/3-sentences/3-sentences.html

air_rank

←クリックすると投票されます!



明心塾サイト
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/index.html 

明心塾FaceBook
https://www.facebook.com/groups/858752987601915/




人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚