★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

橋が来るまで渡るな

2017年6月12日月曜日

未分類

 昔、取り越し苦労の多かった時分に

よく耳にした馴染の言葉はイギリスの諺でもあった。

 実際の物事に直面する前に、先々を見越して“こうなったら・・”

“ああなったら・・”と心配して「心ここ(今)に非ず」になる。

 詰まらないことを考えては詰まるわけもなく、結局、詰まらない。

 物事は“成るように成る”し

“成るようにしか成らない”のだ。

いよいよ。。橋を渡る段になって、何らか問題が生じたらそこで初めて

考えればいいことも、橋へ来てないうちから、こうか、ああかと要らぬ

想像を膨らませジタバタして、来てみりゃ何てこたぁない、スーッと

何の問題もなく渡れた。なんてことはいくらでもあること。

なのに。。来ないうちから気張って、身構えているから疲弊して

渡り終える前に疲れ切ってしまうことにもなる。

過去の様々な失敗やニガい経験から、同じ失敗、同様のニガい想いを

することを避けたがる。それでは・・

“成るように成れ”と諦めの境地を得ることも

“成るように成るさ♪”と前向き、楽観的に捉えられない。

不安に苛まれるものも、失敗を怖れるのも、先へと生き急ぐのもみな

過去世の生き様がトラウマとなって現れ、自己の問題を浮き彫りにしている。

<
/span>

 先々への不安、将来を按ずることばかり気にかけ

肝心の足元にある諸々の問題を疎かにしていては、人は成長しない。

 先人たちがそのことを諺に示し、こうして教えてくれている。

 真にありがとうございます。敬愛をこめて


※あなたが常に幸せにあるために・・・

霊適成長について

air_rank

←クリックすると投票されます!



明心塾サイト
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/index.html 

明心塾FaceBook
https://www.facebook.com/groups/858752987601915/





人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚