★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

依存する心

2017年4月15日土曜日

未分類

 あなたが「だいじょうぶ」って言ってくれたから、私は勇気をもらえ

おかげさまで―――真の愛を智ることができました。

 今度は私から、精一杯の謝恩の気持ちに愛をこめて

「世話ぁない(心配ない。だいじょうぶ♪)」って伝えよう。

 将来を按ずる心、先行き不透明な不安から取り越し苦労する心へ。

*     *     *     *     *

 あなたがいつも支えてくれたから、「私」は安心して自由に振る舞い

ワガママも言いたい放題、やりたいように生きてこられた。あなたが

いつもいつも受け容れてくれていたから。

 あなたさえ愛してくれていたなら・・

あなたが受け容れてさえいたなら・・それでいい。と思って。

でもそれは“愛”なんかじゃなかった。正真正銘、ほんまもんの愛は

そんなんでは全然なくて・・勘違いもいいところ。

私を愛してくれているなら、

どんな私でも受け容れてくれているから―――「愛してる」?

それは真の愛じゃなくて・・ただの“依存”。

 愛してくれているなら・・安心して、決して裏切らないであろうあなたを

信じて愛せる。受け容れてくれるから、私も受け容れられる。だなんて

“愛する”ってことに、そんな「私」の“マイ条件”などいらない。

それは―――ただの我がまま、エゴに過ぎない。

 あなたが私を愛するのは、「私」があなたを愛しているから?

 私があなたを愛する気持ちは、あなたが「私」を愛してくれているから?

 どっちも同じ。どちらにせよ、それは「愛」なんかじゃない。

嘘偽りか、誤魔化しか・・自己不満足の虚しい愛でしかない。

 愛は「愛してるよ~♪」って挨拶やお互いの気持ちの表明や確認でもするかの

ように恋人たちや夫婦の間で交わされる言葉に限ったことじゃない。もっと

ずーっと・・

大海原のように広~くって、大大っきくて・・

母なる大地、この星ガイアのように懐深~くって

ひだまりのように温々としていて、心がほっこり和む

人を「信じよう」なんて思わなくても信じている

人を「愛そう」などと努めなくても愛している

尽くそうとしなくてもその心は尽くされ、

心を開こうとせずともいつも開かれている

 誰か何かにすがらなくたって、依存しなくたって・・それらも何ら要さない

天衣無縫にふくよかなまま、そのまんまにすべてを包容して成り立つもの

 依存する心を超えて―――なおも人をあるがままに愛する。

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚