★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

はしゃぐ

2017年2月2日木曜日

未分類

 人と会っておしゃべり。やがていい加減に“宴もたけなわ”と腰を上げ

「また会いましょう」と別れ、ひとりになってはじめて「ふ~」と溜め息をつく。

心はまだ覚めやらぬ様子だったが、体はどことなしに疲れ?たか

“渇き”のようなものを覚えて。。はたと気づく。

“大概はそうであった”こと、改めて思い返していた。

おしゃべりもそう、お付き合いに無我夢中、幼な子のようにはしゃいだ時ほど

感じたこの感覚。高次のみ魂より肉体の意識を窺う。

疲れ?――― そうだね、少し。

なぜかしら――― はしゃ(燥)いだから。

ああ・・道理で。確かに渇いていた。はしゃぐと疲れた。

喉はカラカラ鳴ってハリハリに干からび、おまけに身体は酸欠状態。か。

それで別れた途端に“溜め息”と“欠伸”で応急処置が施された。と知った。

三世前からの家柄と職業柄、割合、静かな環境の中で周囲の大人たち親なども

どちらかといえば物静か、形振り慎ましやかで所作には厳格な方だった。

今世も幼少期よりあまりはしゃぐことなく、外を飛び回っているよりも

想像したり、ものを書いたり描いたりと静かに過ごしている方が馴染んでいる。

 過去世の生き様からして人にテンポを合わせる事に慣れておらず、お付き合いは

それなりの労を要したが、それもこれもあるがままに受け容れられるようになって

より随分と楽に、おしゃべりも楽しく興じられている。

 時折少々過ぎてしまうのは・・まだまだ“玉に傷”か?(な~んて。笑)

“過ぎたるは及ばざるがごとし”―――“乾燥”にご留意を!

折しも。。大気カラカラの冬場につき、燥(はしゃ)ぎ疲れて

渇ききってしまわぬように。。。

日夜、気づきとお導きを真にありがとうございます。愛しています



※あなたが常に幸せにあるために・・・

 浄化の業の効用
  http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/hand/hand-ex.html

air_rank

←クリックすると投票されます!



明心塾サイト
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/index.html 

明心塾FaceBook
https://www.facebook.com/groups/858752987601915/




人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚