★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

侘び寂び

2017年1月6日金曜日

未分類

 「なぜ、“きれいな手(店名)”なの?」

すると彼はちょっぴり恥ずかしそうに笑い、お客さんから

「きれいな手をしている」と言われたから。と答えた。

お人柄を偲ばせるようで微笑ましく思えた。思えば。。

愛を見失いかけた人を救い上げるべく差し伸べられた先代の手はまるで。。

瑞々しい白魚のような透明感ある手をしていた。当時は羨ましく思えたほどだ。

 周囲から「何~んもせんからキレイなだけ。苦労知らずな手や」と言われるたび

悔しさと恥ずかしさ余ってあれやこれやとご縁を戴けるままに仕事を選ばず

何でもやってみた。結果、とてもじゃないが「キレイ」とは縁遠くなる。おかげで。。

「そんな節くれた手ぇしてた?」とか「選ばずやるからそんな風になって・・」等々

皆、一変した気遣いを戴くように。。笑

 『皺枯れて節くれだった醜いこの老婆の手を「好きだ」と言うてくださる。

「働き者のよき手」じゃと』―――― 父や母のは確かにその“働き者”の手。

老いてますますその手は貫禄を増し、イキイキして見える。

 『シミや皺は悩ましいものじゃない。僕はね“美しい”と想う。なぜって。。

あなたがその人生を懸命に生きた証のようなものだから』

 先日、老いゆく楽しみを飄々と語ってくださった方がある。実際、メディアでも

話題の「centenarian」たちの生き生きとしたその姿は人生の真価を示し、若輩の

私たちに老いてなお美しく生きる姿勢を見せてくださっている。

 老いゆく楽しみ。。それも人生の“詫び寂び”、乙なもの。

 老いも若きも男も女も、醜かろうか綺麗だろうが。。いづれにせよ“折角の人生”

めいっぱい生涯かけて楽しまにゃあ、損、損♪か。微笑

晴れやかな天空に似て。。厳しき冬へ向かいて“凛”とした清浄なる空気を感じ

風とともに人生というこの道を直向きに歩いてゆく―――愛をこめて



※あなたが常に幸せにあるために・・・

 明心塾のカリキュラム
  http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/juku/curriculum.html

air_rank

←クリックすると投票されます!



明心塾サイト
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/index.html 

明心塾FaceBook
https://www.facebook.com/groups/858752987601915/




人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚