★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

心のレシピ Vol.18

2016年11月17日木曜日

未分類

☆・:*:・°☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°

いつもキレイな心でいたいから。。☆″
 

Lesson18 愛されない心の“わだかまり”

 「愛ってよく分かんな~い」という声を耳にする。次いで「恋だの、愛だのってどうでもいいじゃん」という声。その一方で「私は愛を学ぶために生まれてきた」という人も。

 テレビCM『愛は見えないけれど――“思いやり”は見える』に示されているように、たとえ見えずとも、その心に“愛”あってこその“思いやり”だから。

どうも。。“愛”は人社会に生きる上で最重要課題と言えそうだ。

 

 A:仕事でもプライベートでもそれなりに充実している。で、そろそろ。。結婚もいいかなぁ~なんて。でも、なぜか・・婚活?は気が進まない。

Q:まんざら、そのお相手がいないわけでもなさそう。。ね?“自信”がないのかな。

A:そうかも(^^; 仕事なら結構イケるんだけど。恋くらいはまあいいとして「愛している」となると・・ちょっと退ける?感じ。相手が嫌いなわけではないと思う。もしや。。潜在的に苦手だったりするのかしら?

Q:そうね。お察しの通り。。お相手自体を嫌っているのではなくて、あなたの心に、今一歩、人を愛せない要因となっている“わだかまり”があるから。その“わだかまり”から心が開放されれば、退け感などの躊躇なく愛せるように(^^

「愛」はそのまんまに“在るがまま”を認めて受け容れる心。この例のように。。たとえ相手を好きであったとしても、過去世に自らを受け容れられず愛せない心の傷;わだかまりを抱えている場合、今目の前にある幸せさえも“自分らしくない”と感じ“自分にその資格があるのか?”などと自信なく、自ずと遠ざけてしまう。

その心の傷が深いほど、愛や「愛している」という言葉に曖昧さや不安を覚えて戸惑い、及び腰にも逃げ腰にもなり、嫌悪感や「退く」などの抵抗感を示しやすい。

自分を愛せない心では結局のところ誰も愛せはしない。それほど。。「愛」は天がすべての人に与え賜もうた人生最高のテーマといえるのだから。。。・゚・。;+;;+;。・゚・。




*あなたが常に幸せに在るために。。

 シンクロニシティによる天国社会の実現
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/heaven/heaven-b.html

air_rank

←クリックすると投票されます!



明心塾サイト
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/index.html 

明心塾FaceBook
https://www.facebook.com/groups/858752987601915/





人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚