★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

まごころ

2016年11月3日木曜日

未分類

務め帰りのバスの中にて発車を待つ間、夢見心地にボーっとしていた。瞼が重く、垂れ込めて来る。先ほどまで電車に揺られて熟睡したつもりが・・あくびばかり出る。

「発・・車しまー・・す」と。。その直後にバス前方(降り口)より外国人?らしき女性が乗り込み、運転手に何やら訪ねた。そこに女の子、男の子が走り込んできて、乗り口から父親らしい男性が乗り込んでくる。

運転手の「よつや・・?・・うしろ・・たかお」の声。かいつまんでしか。。聴こえない。

「○△×?」女性は何か言いながら忙しげにスマートフォンを。。

前の席にいたご婦人が急に席を立ち、立っている男性(父親)の肩叩いてハッキリした声で「これ、ちがう。後ろの・・あのバス」と後ろを振り返りながら、後続のバスを真っ直ぐに指差す。運転手とご婦人のただならぬ様子を察した男性は、妻と子供たちに声をかけ、急いで降りて行った。

ホッと胸を撫で下ろし。。「(あれ)で・・いいんだよね?」とちょっぴり恥ずかし気な笑いを浮かべてこちらを振り返るその様子が何とも微笑ましく。。賛同して頷いた。

気がつけば。。私はただボー・・っと、この一連の出来事をまるで俯瞰するかのように見ていた。


“世話心”。それは・・真心。

散々世話かけてようやく。。その心を知る。か。。(微笑)

心がほっこりと温かかった。

人本来の心、“まごころ”に感謝。

真にありがとうございます。


*あなたが常に幸せに在るために。。

  人類社会を愛する

http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/heaven/heaven-heart-1.html

幸せの指針:「善い想念、善い行為のプロファイル」 


air_rank

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚