素直

2022年4月29日金曜日

未分類

 “素直”であることはとても素晴らしい。

 在るがまま、世の流れに抗わず、物事や人、己にさえ逆らわない。

 それは本来の“心”。天が期待されている、真に幸せな心。

 物事がすんなりとうまくゆく時ほど“素直さ”は活きている。

 物事に対して億劫がらず、逃げずに真正面から受け止めて前向きに関わった結果、いちだんと霊的成長が促進されることもそれを暗示している。

 深い傷を負い、折れてしまいそうな心。
 重荷を背負わされて、頑なになる心。

 本来の心、“素直さ”を発揮できない人はたくさんいて・・日常の「うまくいかない(良くはない)」出来事がそのことを証明している。

 にもかかわらず、心の声に耳を傾けて、素直になれない心が抱えているものを知ろうとする人は少ない。それは。。
 傾けたくとも傾けられない、“素直になれない”諸々の事情を抱えているせい。

 先日、顕在意識にある方の“人を愛せなくなるほどの悲しみ”と、そこから頑なに逃げ続けてきた苦しい状況などが浮かび、その傷みを心が訴えていた。とても悲しくて切ない想いを感じて、思わず涙が滲んだ。

 そう。。それは、よほど・・辛かったでしょうね。。。(涙)

 それでも“勇気を出して、その悲しみを受け容れてごらんなさい”。
 ―――傷んだ心へ優しく促す。

 
 苦しみから逃げていては幸せにはなれない。
 あなたが幸せを諦めてしまっては、人類総幸福化の未来はない。

 たとえ、あなたがどう在ろうとも。。
 天はあなたを愛し、あなたの真の幸せを望まれ、期待し見守り、待ち続けている。


 本人(の意識)にとってはただでさえ逃げ腰の状況、に対してその逃げ道を塞ぐような厳しきお育てだったが、悲しみが溢れ、流した涙とともに洗練されてゆくのを感じていた。そうして、ようやく自らが抱える問題を受け容れはじめた心へささやかなエールを送る。

 今一歩“素直になれない”、その心を解き放つのは「自分」。あなたしかいない。

 悲しかったなら、悲しいだけ泣きなさい。
 悔しかったなら、口惜しいだけ泣きなさい。

 苦しみはひとり抱え込まず「苦しい」と声を発しなさい。

 あなたはすでに“ひとり”ではない。
 ともに真の幸せを目指して切磋琢磨する同志がいる。
 あなたが幸せを掴もうと、あと少しの勇気を出してその手を伸ばすなら
 天は称え、私は喜び勇んで手を差し伸べましょう。






ごめんなさい

ありがとうございます

愛しています

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚