★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

心のレシピ L12 心の「想い」は体に影響する

2016年10月5日水曜日

心のレシピ

☆・:*:・°☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ 

Lesson12 心の「想い」は体に影響する


A:「心」って“ハート”っていうでしょう?だから・・ここ(胸・心臓の辺りに手を当て)で感じている“気持ち”なのかなぁ~って。
 
Q:“ハート”という言葉の広い意味では、そのような捉え方もできるかもしれないね。実際、「心」は肉体ではないし、“気持ち”は胸に感じる想いでもない。身も心も一つだから、肉体の一部である心臓が、結果として「心」の影響を受けることはある。
 心に想うことが、心臓に影響を与える。たとえば・・向こうから素敵な人がこちらへ向かってまっすぐに歩み寄って来たら・・どんな風に感じる?
 
A:“え?ナニ?”って思う。ちょっと緊張。タイプ♪だったらドキドキしちゃうかも。あ・・そっか、「心」にそう思ったことで緊張したり、鼓動が早くなった。で、早まってヘンな思い違い?や勝手な想像したり・・は想い余ってのことだね。「緊張」からかな。笑
 
Q:そう(笑)鼓動が早まれば心臓は平常ではなく・・心が張りつめれば当然、体も強張る。その時既に「心」は動揺し平静ではないため、その分余計に、予測不能な事態に対して憶測するしかなくなってしまう。
 
A:それってヤバくない?心の“非常”は・・“緊急事態”ってことね。


 “病は気から”というように、人は気の持ちようによって体調が善くも悪くもなります。
“気の持ちよう”は心の様子を指しています。
心の状態が結果的に、心臓や胃腸、肝・腎などの要所に限らず、体のあちらこちらに波及してゆきますから、なおさら、“想い”は大切。
なぜなら。。
心の想念は肉体に影響を与えるから。。☆。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆・:*:・°☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚