★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

相互扶助

2016年9月30日金曜日

未分類

とある対話より

 ある方が「○○さんはちょっとおかしい。」と言い―――何故、そう思うの?

「私はね(○○さんに)こうもああもした。なのに、お返しひとつ、連絡もないまま・・・」
「・・・人としてどうかと思う。」
―――それは“お互いさま”でしょう(苦笑)。

 少し前、○○さんはこの方の取った行動について「決めた事を覆すなんて“ワガママだ”」と不快感を顕わにしていた。“(そんな事をするなんて)どうかと思う”との想い。

 それぞれの“想い”は当然、互いへそれとなく伝わって。。
 この方のお世話の甲斐もなく○○さんが離れていったため、物別れの後の心残りをぼやく。

 「私がいけなかったの?」だって・・向こう(○○さん)がそうして欲しそうだったから・・。

 彼女は、持前の細やかさでお世話を焼く。「歳取るとみんなそうでしょ?若い人が気になって。つい、言いたくなるし・・してあげたくなって、ね。」と恥じらうように笑った。

 見返りを求めるのなら世話は焼かない方がいい。見返りを求めるつもりはなくとも、相手に肩入れすればするほど、気づかぬうちに何かを期待してしまう。その想いは相手へも伝わり、肩入れする方、される方、各々の心に重く圧し掛かっている。

 お世話をするなら「させて戴く」くらいの謙虚な気持ちの方が互いの心の負担は少ない。そして、お世話させて戴いたことはすっかり忘れているくらいの方が後腐れなく、幸せ。

 人はみな、物の考え方、捉え方はそれぞれ。細やかに気遣う人もいれば、大雑把な人もいる。得手不得手も個性のうちで・・己の常識は人が変われば非常識にもなり得る。
 霊的成長段階による価値観の違い、戴く役目や役割も異なり―――多くの方がカルマやトラウマなどの潜在的問題を抱えて、悩ましく過ごしている。悩みは多いほど、他者を気遣うどころではなく、自分の悩み事で手一杯であるはずだから。
 お世話する方あってお世話される方あり。その逆もまた然り。そうしてこの世の中、人社会は相互扶助で成り立っている。

 真にありがとうございます。

*あなたが常に幸せに在るために。。
 地球を慈しむ心がある

幸せの指針:「善い想念、善い行為のプロファイル」

http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/heaven/heart-act.html

air_rank←クリックすると投票されます!


明心塾サイト
http://www13.plala.or.jp/meishin-jyuku/index.html 




人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚