★------お知らせ------★
明心塾 2021年10月 スタートクラス
受講生 募集中です 詳細
★------------------★

心のレシピ L6 心は「愛」に癒される

2016年8月18日木曜日

心のレシピ 不安

☆・:*:・°☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°'☆・:*:・°

いつもキレイな心でいたいから。。☆″ 
心のレシピ Lesson6 心は「愛」に癒される


たとえば、好きな人に“愛されている”と感じた時の心はどんな感じだろう?心地良い?


――そりぁ、モチ♪嬉しい!幸せ~(*^_^*)


そうネ(笑)みんな“愛されたい”と思うのはフツーなことかもしれないね。それだけ、どこかで“愛されることの心地良さ”を知っているから。
この「愛されている」は、他者からの愛に限ったことではなく、「自愛」についても同じことが言えます。
(もちろん、「自愛」も自己都合による欲情のことではありません)

では、愛されることが“心地良い”なら・・逆に、愛されていない場合はどう感じる?


――悲し~(>_<)。空しく感じちゃうかも。

そうネ、愛されていないことは寂しく、その心は“空しさ”を感じている。
験しに、“愛しています”と心をそっと抱(いだ)くような気持ちで想うと、心に安心感が広がります。これは、自分の心でも他者の心でも同じです。
顕在的であれ潜在的であれ、己の“在るがまま”を認めていないと心は“空しさ”を抱えたまま、愛されることによる“平安”をより強く求めます。


愛されることの重要性を心は知っています。
「愛」に乏しいと、心に不穏な状況が生まれやすくなります。それだけ、愛されているか、愛されていないかは心にとっての死活問題といえるほど。
だからこそ、人は「愛される」ことを求め、その心は「真の愛」を欲しています。
なぜなら・・
心は「愛」に癒されるものだから。。☆。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

人類総幸福化を願って・・

 。・。;+;☆;+;。。・゚